子宮卵管造影検査は受けた方が良い?

mamanic

子宮卵管造影検査」を聞いたことはあるでしょうか?

 

この検査は、自然妊娠をする上で、卵子と精子が出会うための通路に問題がないか調べる非常に重要な検査です。

 

 

 

子宮の形態を確認するという目的もあり、体外受精の場合でも着床率が低下する卵管留水腫がないかを調べる目的でもあります。

 

自然妊娠希望で、卵子と精子が受精しないという方や、着床しずらいという方は、子宮卵管造影検査を進められるようです。

 

妊娠するために通過しなければならない検査と言っても、子宮卵管造影検査はとても痛いもので、「もう二度と受けたくない!」と思う方も多く、「思い出すのも辛い」と話される方がほとんどで、覚悟を決めて検査をしなければならないもののようです。

 

子宮卵管造影検査のメリットは?

 

しかし、検査が辛いと言って妊娠を諦めてはいけません。

 

検査を受けることで原因を突き止めることができ、治療をすることで妊娠へ前進することができます。

 

検査を受けなくても妊娠できることが理想なのですが、検査を受けることで早期治療早期解決する場合もあるので、痛いことが分かっていても希望をもって受けてほしいです。

 

婦人科の病気の原因って?

 

mamanic

 

このような婦人科で悩みを抱える原因の一つに、体の冷えが考えられています。

 

体を直接冷やしているつもりはなくても、露出の多い服装をしている事が多い場合や、体が冷える食べ物を好んで食べていたりする場合など、自分が意識していないうちに体が冷えてしまっている場合があります。

 

妊娠希望の方は特に、体を冷やさない生活を意識して、服装や食べ物を選んで過ごしていくことが大切なのです。体を温めることで、病気になりにくく、婦人科の病気の予防にもつながります。

 

また、栄養管理も大事なポイントになります。

 

単に食べているから大丈夫というわけではなく、栄養バランスを考えた食事を摂らなければ本当の健康とは言えません。

 

体が必要とする栄養をしっかりと取り入れていくことで、健康を維持することができ、妊娠希望の方は妊娠しやすい体に近づいていきます。

 

毎日の食事では不安という方は、サプリメントを愛用して栄養管理をしていきましょう!

 

なんの異常もなく、本来の体であれば自然妊娠できる体なので、日々の生活や食事を改善することで妊娠に近づくことができると思います。

 

健康維持は毎日の積み重ねです。
結果が直ぐに出るものではないので焦ってしまいますが、検査が必要な方はそれを受け入れた生活をして、自分でもできる限り健康を意識した生活ができるように工夫していきましょうね!