ピルで妊娠率がアップって本当!?

mamanic

ピル」と言うと、妊娠させないために飲む薬、また、生理不順の改善として服用するものとして認識していると思います。

 

妊娠を希望している女性とは無縁というイメージですが、
実は、妊娠に有効な薬として妊活中の女性が多く利用しているようです。

 

ピルが妊娠に有効な薬ってどおいうこと?

 

女性の体は、妊娠に向けて毎月1度卵巣から卵子が排出されています。
子宮の内側には、子宮内膜と呼ばれる血液の布団が作られ、卵子が着床しないと体外へ排出され、子宮内膜も排出されます。これが生理です。

 

この一連の働きには、2つのホルモン「エストロゲン」「プロゲストロン」が関係していて、2つのホルモンの分泌量によって排卵や月経をコントロールされています。

 


ピルには、女性ホルモンと同じ成分が含まれていて、服用することでエストロゲンとプロゲストロンの分泌量を一定にし、妊娠しているときと同じホルモンバランスを保つことができ、子宮内では、疑似妊娠の状態になります。

 

子宮内では、排卵が起こらず、子宮内膜が厚くなるということもありません。
また、受精卵が着床しにくくなり、子宮頚管から分泌される粘液濃度が変化して、精子が通り抜けにくくなる効果が表れてきます。

 

ピルの服用で、排卵そのものがされないため妊娠は望めませんが、妊娠に備えた体・子宮環境を整えることに役立つのです。

 

そして、卵巣の働きを休め、老化スピードを和らげる効果も期待でき、ホルモンバランスも整うので、生理周期が乱れている方にもおすすめです。

 

ピルを利用してホルモンバランスを整えてみましょう!

 

mamanic

ホルモンバランスが乱れていると、妊娠しずらく、婦人科系の病気を引き起こす原因になる可能性が出てきます。

 

ピルを服用することでホルモンバランスが改善されていき、子宮環境が良くなり不妊の原因になる病気の予防にもつながります

 

ピルをやめていよいよ妊娠したい場合は、妊娠を希望するタイミングでいつでもピルをやめることができます。
服用をストップすると排卵が促されるので、最初の排卵と性交のタイミングが合うので、受精卵が着床しずらいなどの問題がなければ最短1ヶ月で妊娠することもできます。

 

しかし、ピルをやめて2ヶ月経っても生理が来ない場合は、婦人科を受診しましょう。

 

ピルは、避妊を目的として服用するイメージが強いですが、妊娠しやすい体づくりをすることにも活用することができる薬でもあるのです。

 

ホルモンバランスを整えることもできるので、妊娠希望の方にぜひ勧めたい方法です。
ピルを服用していても、基礎体温票はきちんとつけておきましょうね!