妊娠検査薬はいつ使う?

 

mamanic

 

妊娠検査薬」は、妊娠すると分泌されるホルモン「hCG」に反応する仕組みになっています。
子宮内膜に受精卵が着床すると、分泌量が増えていき、妊娠検査薬に反応するわけです。

 

妊娠検査薬はいつから反応するの?

 

妊娠予定がある方にとって、妊娠がわかるまでの期間はもどかしい気持ちでいっぱいだと思います。

 

もしかしたら、妊娠検査薬に反応するかもしれない!」と思って使ってみるものの、反応なしで、妊娠検査薬を何度も無駄に購入してしまった方もたくさんいると思います。

 

反応なしと言っても、うっすらと出ているかもしれないと目を凝らしてみたり、数秒で反応が出るのにも関わらず、1時間ほど置いても反応がないなど、妊娠検査薬とにらめっこしている方も多いのではないでしょうか?

 

妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間以降が判定可能のタイプが一般的です。
この時期を守って検査すると、ほぼ確実に判定ができます。

 

判定は生理開始予定日の1週後以降と記載されているのに、1日早くフライング検査して陰性であっても、翌日に検査してみたら陽性反応が出たという場合もあるので、きちんと記載されている期間を守って利用しましょう!

 

中には、生理開始予定日の2~3日前から使える妊娠検査薬もあるので、「早く知りたーい!」という方は、早期妊娠検査薬の購入も良いと思います!

 

妊娠検査薬には反応するものの、産婦人科では妊娠を確認できなかった・・・
ということが稀にあります。

 

基礎体温は高いままで生理も来ないようであれば、妊娠している可能性が高いです。
産婦人科へ行くのが早すぎると、妊娠していないと診断されてしまう場合もあるので、病院で妊娠していないと言われても、体を大事にした生活を続けていき、生理が来るまでは妊娠を疑った生活を続けていきましょう!

 

妊娠検査薬は陽性反応!でも生理がきた!?

 

mamanic

 

受精卵が子宮内膜に着床すると、出血する場合があります。
これは妊娠症状の一つと言われていますが、妊娠検査薬が反応するわけではありません。

 

着床出血は、排卵後1週間~10日程で確認でき、妊娠検査薬は着床出血があってから2週間後ということになります。

 

着床出血があると、すぐにでも妊娠検査薬を使いたいところですが、焦らずに適切な時期になってから使用しましょうね!

 

妊娠初期症状が確認できると、妊娠の可能性も高くなってきます。
風邪とよく似た症状も表れてくるので、薬を服用しないようにして、タバコやお酒も控えた生活をしていきましょう!