アラフォーの妊活ツライ!?楽しむ気持ちが大切♪

近年、30代での妊娠は当たり前になってきており、40代の妊娠も珍しくはありません。

 

mamanic

 

アラフォーの妊活というと、徹底した栄養管理で、ストレスを抱えてしまうイメージがありますが、楽しむ気持ちも取り入れて妊活を進めていくことが大切なのです。

 

体を大事にしなければならないのですが、体を積極的に動かした運動も取り入れていくと良いようです!

 

妊娠してしまうと、運動不足から避けることはできません。
妊娠前から運動不足である方は、より一層運動不足になり、体の代謝が良くないまま妊娠してしまうので、体調も崩しやすくなってしまいます。

 

妊娠前の妊活中に、しっかりと運動をして、基礎体温をアップさせ、十分な筋肉量を保っておくと妊娠中も過ごしやすく、冷え性や貧血になりにくいようです。

 

妊娠・出産に体力は必要!

 

40代になると、体力の低下を感じる方は多いと思います。

 

体力が低下したまま妊娠してしまうと、出産に近づくにつれて不安な気持ちが大きくなると思います。

 

また、体力が低下していると、産後の回復も遅いので、妊活中にできるだけ体力をつけて、ある程度の筋力をつけておくべきですね!

 

筋力を付けなければならない!」と固く考えるのではなく、楽しみながら筋力アップをする方が継続しやすいので、単に筋力をつけるのではなく、みんなで楽しめるバレーボールや水泳やダンスなど、楽しみながら筋力をつけ、体を動かせるものが良いと思います。

 

単純で変化がない運動では、どうしても飽きがきて継続するのが難しいものです。
人と人とが関わり合うことで、楽しく運動することができ筋力アップさせることができるので、自分に合った運動を取り入れていくと良いでしょう!

 

mamanic

 

筋力が低下してしまうと、代謝が悪くなり、冷え性や貧血の悩みが出てきます。

 

妊娠する前に、できるだけ自分の体調を良い状態にし、体力・筋力アップをしておいた方が妊娠中の生活も楽しく過ごすことができると思います。

 

食事や生活習慣もお産につながってきます

 

40代の妊娠は高齢出産で、不安に感じる方も多いと思いますが、妊活中の生活や食事でカバーすることができます。

 

お産がスムーズで、余裕のある出産にしたいのであれば、妊活中の取り組みが重要になってくるのです。

 

妊娠した場合、お産は10ヶ月も先の話なので、ピンと来ない方が多いのですが、妊活中の取り組みや生活がお産に繋がっていくことになります。

 

と言っても、固く考えるのではなく、自分自身が楽しむ気持ちを持ち、妊活・妊娠生活を満喫していけたら良いと思います!

 

 

更新履歴